【ラウンジ】札幌・新千歳空港の国内線ANAラウンジは隈研吾氏デザインの素敵な空間

先日、移動の際に札幌・新千歳空港のANAラウンジを利用してきました。

ラウンジの場所、中の様子やドリンクなどを簡単にご紹介したいと思います。

 

1.ラウンジの場所

新千歳空港のANAラウンジは2F出発ゲートのANA PREMIUM CHECK INの保安検査を抜けてすぐのところにあります。

プレミアムチェックインの場所には上の写真のような看板が立っています。

 

上の写真の右側の自動扉から入ると、専用の搭乗手続きや保安検査をする場所があります。

国内線のみで対象のステータスの方は、そのままコチラでチェックインできます。

国際線への乗り継ぎがある場合にはこちらでは搭乗手続きができません。この入口すぐ右手の国際線乗り継ぎ専用のカウンターで搭乗手続きをしてからここの保安検査場を通過しましょう。

 

保安検査を抜けて左手のエスカレーターまたはエレベーターで1つ上の階に上がるとラウンジの受付があります。

 

ANAホームページより引用

 

上の地図でANAラウンジ、ANAスイートラウンジは、搭乗口7番と8番の間の赤色の★印の場所にあります。

お土産をゲート内で買ってからラウンジに戻る事もできます。

 

 

 

 

2.ANAラウンジの内部の様子

新千歳空港のANAラウンジは2017年にリニューアルされました。

デザインは建築家の隈研吾氏によるもので、モダンでありながら和風テイストが適度に散りばめられていてホッと落ち着く感じがあります。好きなラウンジの1つです。

入口を入ると最初に出迎えてくれるのが、上の写真のモッコリとした小さな草色の山です。滑走路も見えますので飛行機を眺めながらくつろぐ事もできます。

 

正面から。自然な感じで正面の人と目線を合わせないような工夫がされています。

 

小さい山の右手にラウンジが続きます。

 

奥の方まで座席数が結構たくさんあり、あまり混雑しておらずゆったり寛げます。

 

一番奥の窓側は、一人用のソファー席があり、それぞれの席に電源もありますのでゆったり寛げます。

 

 

一番奥の反対側にはソファー席があり、グループや家族づれの方にオススメです。もちろん電源も足元にあります。

 

3.ANAラウンジの飲み物・おつまみ

 

わたしの趣味で、まずはアルコールからご紹介します。

サッポロクラッシック、アサヒスーパードライ、キリン一番搾りの3種類の生ビールがあります。

そして、角ハイボールが味わえます。嬉しいですね。

 

 

ウィスキーは、わたしの好きなメーカーズマークと、スーパーニッカ。

焼酎は、銀座のすずめ、黒霧島EXでした。

この後、運転だったので飲めませんでした、残念!

 

UCCのANA専用ブレンドのホットコーヒーとアイスコーヒーです。

隣にANAオリジナルのおつまみスナックがあります。これ大好きです。

 

他に、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノが飲めるマシンがあります。

 

紅茶とノンカフェイン紅茶です。

 

水、炭酸水、ソフトドリンク(ペプシ、ジンジャーエール、リンゴジュース、緑茶、ウーロン茶、オレンジジュース)とキューサイ青汁!

 

牛乳、トマトジュース、カゴメ野菜生活100%です。

 

簡単なご紹介でしたが新しく居心地のよいラウンジなのでオススメです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です