【宿泊記】定山渓・森の謌は札幌近郊で温泉とビュッフェを楽しめる宿です

ーーー 定山渓 鶴雅リゾートスパ 森の謌 宿泊記・口コミ ーーー

 

子供と一緒に家族4人で、札幌近郊の定山渓(じょうざんけい)温泉・ 鶴雅リゾートスパ 森の謌(もりのうた)に行ってきました。

 

森の謌(もりのうた)は北海道で全部で11のホテルを運営している鶴雅グループのホテルで、料理とおもてなしに定評があります。

 

以前に、水の謌(みずのうた)の宿泊記を書きましたがその系列ホテルで、我が家のお気に入りのホテルの1つです。

水の謌の宿泊記は下記をご参照ください。

【宿泊記】しこつ湖 水の謌:家族でゆったりした時間を過ごせます ビュッフェ&デザートも美味!

 

 

森の謌の魅力は、エントランスの優雅な雰囲気と、広々とした森を眺める温泉、ビュッフェ&デザートが種類が豊富で美味しいことです。

家族連れ・子連れでも楽しめる温泉宿 森の謌をご紹介したいと思います。

 

<<<楽天トラベルで 定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌 を探してみる>>>

 

1.森の謌へのアクセス

GoogleMapより引用

森の謌へは札幌市内から車で約40分、新千歳空港からは1時間20分ほどで到着します。

 

札幌市の真駒内駅からは無料の送迎バスも運行しています。前日17時までに予約が必要です。

 

公式ページより引用

無料バスは札幌市営地下鉄の南北線の真駒内駅から発着しています。

真駒内駅からは、下の表の通り1日3便10:30、14:30、16:30が出ています。

公式ページより引用

 

発着場所・時刻表は変わることもありますので、念のため公式ページをご確認ください。

 

2.森の謌のお部屋の種類

 

 

公式ページより引用 露天風呂付きコテージ

 

森の謌のお部屋の種類は全部で11種類あり、下の表のようになっています。

 

部屋タイプ 広さ 定員 2名合計料金 部屋数
別棟 露天風呂付コテージ リビング+ベッドルーム 65㎡+露天12㎡ 3名 79,000円〜 2部屋
別棟 露天風呂付コテージ ツイン × 2 65㎡+露天12㎡ 5名 79,000円〜 2部屋
岩盤浴付 デラックス ツイン 63㎡ 3名 55,000円〜 2部屋
デラックス 和洋室 52㎡ 4名 49,000円〜 5部屋
デラックス ツイン 42㎡ 3名 43,000円〜 8部屋
和洋室(スタンダード) 42㎡ 4名 45,000円〜 21部屋
洋室ツイン(スタンダード) 21㎡ – 26㎡ 2名 35,000円〜 9部屋
ワンチャンルーム(別エントランスあり) 42㎡ 3名 53,000円〜 3部屋
バリアフリー 和洋室 52㎡ 4名 33,000円〜 1部屋
バリアフリー ツイン 26㎡ 2名 49,000円〜 1部屋

※料金は2020年10月時点で確認した最低価格(税抜)です。時期や土日で値段が上がります。

 

今回わたしが宿泊したのはスタンダード和洋室です。

コンパクトなお部屋ですが、ソファーもあり4人の家族連れで快適に宿泊できるからです。

 

2.1.和洋室のお部屋の様子

公式ページより引用

和洋室はワンルームですが、ベッドスペースとソファー&畳スペースに分かれています。

 

右手に白色のソファータイプのパナソニック製のマッサージチェアもあります。

お部屋でマッサージできるのは、うれしいですね!

 

4人で寝るときは、写真の手前の畳スペースに布団を2組敷きます。

 

公式ページより引用

反対のベッド側から見た写真です。ベッドと畳スペースの間に長テーブルがあります。ここに冷蔵庫やコップなどが備え付けてあります。

無料コーヒーやお茶、お部屋で飲むミネラルウォーターもあります。

窓からの眺めは、森の木々が見える感じです。

 

上の写真中央奥に、洗面所、トイレ、シャワールームがあります。バスタブはありません。

 

公式ページより引用

上の写真は、部屋の入口から室内を見た様子です。

 

公式ページより引用

間取り図は上のようになります。

出入口は左下で、上部の3×3=9つのマス目が畳部分で、右下がベッドになります。

左手の 上からシャワールーム、洗面所、トイレと並んでいます。

 

広々としたお部屋ではありませんが、ソファーやマッサージチェアなど、寛ぐスペースもあります。

コンパクトにまとまっており、家族連れには互いの気配も感じられる良いお部屋だと思います。

 

 

公式ページより引用

客室の備品とアメニティは上の画像の通りです。

森の謌のオリジナルアメニティもあり充実しています。わたしは化粧水がお気に入りです。

 

森の謌は、各フロアで靴を脱ぎます。お部屋で裸足で過ごせるのが私は好きです。

館内を移動の際は、館内用のスリッパが用意されています。

素足が気になる方用に、足袋(たび)も用意されています。

 

また、館内ではお好みで館内着で過ごします。

温泉やレストランも館内着&でOKなので、みなさん館内着でリラックスして過ごししています。

 

2.2.ワンチャンルーム

森の謌にはワンチャンルームがあり、ワンチャン専用のエントランスがあります。

専用エントランスは正面入口の手前左手にあり、上の写真の看板が目印です。

 

ピンク色の矢印に沿って進みます。

 

上の写真のようなワンチャン専用のエントランスがあります。

宿泊したことはないので、お部屋の中の様子は分かりませんが、ご参考にしてください。

 

3.温泉・大浴場

大浴場の温泉をご紹介します。

大浴場は1Fにあり、お部屋からフロントの前を通過していきます。

タオルは大浴場に備え付けがあるので持参不要です。

 

3.1.大浴場

公式ページより引用

大浴場はAM11:30〜翌AM9:30まで営業しています。

深夜AM2:30~AM3:30の間は清掃時間です。

 

ほぼ1日中入ることができて温泉を楽しめますね。

 

公式ページより引用

大浴場は、内風呂、水風呂、サウナ、露天風呂2つ(1つは屋根付)があります。

泉質は、ナトリウム塩化物泉(中性低張性高温泉)でノーマルな感じの温泉です。

 

冬の雪見風呂は、なかなかの景色です。

 

洗い場は個別に仕切りがあり、周りを気にせず洗うことができます。

サウナは、2020年10月現在コロナウイルスの影響で休止中です。

 

3.2.女性専用岩盤浴

公式ページより引用

女性のみですが、岩盤浴があります。

AM11:30〜翌AM9:30まで

※深夜AM3:00〜AM4:00の間は清掃時間です。

 

岩盤浴専用バスマット、専用浴衣を貸してくれます。

 

4.森の謌の館内施設

公式ページより引用

森の謌の施設は、ほぼ1Fにまとまっています。代表的なものをご紹介します。

 

4.1.森ラウンジ

森ラウンジは、上の写真の芝生色のところです。

エントランスを入って右手にあり、薪ストーブを取り囲み、靴を脱いでくつろげる場所です。

 

写真右手の通路の奥に大浴場があります。

 

ガラス窓の外の屋外が、森テラスです。

森テラスでは、森林浴を楽しみながらドリンクをのんだりケーキを食べたりできます。

 

4.2.森バー

森ラウンジの隣に、森バーはあります。

 

お風呂上がりのビールも良いですし、お食事後にグラスを傾けるのも良いですね。

上の写真の席以外に、森を眺めるカウンター席もあります。

 

 

4.3.パティシエ ラボ + 売店 森マーケット

公式ページより引用

パティシエ ラボは売店の一部分にあり、スイーツを販売しています。

森テラスではこちらで販売しているスイーツをいただくこともできます。

 

もちろん持ち帰ったり、お部屋に持ち帰って召し上がることもできます。

 

生菓子以外にもオリジナルのゴマクッキーなどのおいしい洋菓子も販売しています。

 

上の写真の右手が売店です。左手奥がフロントです。

 

売店ではお酒、おつまみ、お土産のお菓子、お土産品のほか、他ではあまり見ないアイヌ柄の木製ペンダントなども販売しています。

 

4.4.ピローギャラリー

公式ページより引用

16:00〜20:00の間、大浴場の向かいにあるピローギャラリーにてお好みの枕を貸出してくれます。

高さや硬さなどお好みの枕を選ぶことができます。

 

返却は持参する必要はなく、お部屋に置いておくだけで大丈夫です。

 

4.5.ライブラリー

森ラウンジと森バーの間にちょっとしたライブラリーがあります。本を読みながら音楽を楽しむことができます。

 

4.6.エステ・リラクゼーション

公式ページより引用

森の謌は、リラクゼーションメニューが豊富です。

  • トリートメントスパ
    • フェイシャルスパ
    • アロマトリートメント
    • ボディケア
    • メンズエステ
  • お部屋でマッサージ
    • 30分 部分マッサージ(肩 or 首 or 足裏 or 腰)
    • 60分 全身(頭〜足裏)
    • 90分 全身+お疲れの箇所
    • 120分 全身+お疲れの箇所
  • タイ古式マッサージ
    • 60分、90分、120分 足からストレッチ&もみほぐし
  • 水素バー
    • 20分、30分、40分

 

といったメニューが楽しめます。

 

5.レストラン

森の謌の食事は、上の写真の森ビュッフェで食べるプランと、和食懐石をいただくプランがあります。

ほとんどの方は、森ビュッフェで豊富な種類から、お好みの料理をいただくと思います。

おすすめは森ビュッフェです。

 

森ビュッフェ

森の謌の最大の特徴は、この森ビュッフェだと思います。

夕食も朝食も美味しそうな料理がずらっと並び、デザートも充実しています。

今回、朝食のみの写真ですがご紹介します。

契約農場が送られる北海道産の野菜。ラディッシュ、ミニトマト、アンディーブ、ミニ大根、胡瓜、ミニ人参。

左から、オニオンサラダ、大根と人参とレンコンのカラフルサラダ、コンビネーションサラダ

 

左から、ヨーグルト、緑野菜のスムージー、(無くなっていましたが、ベリースムージー)、冷製ビシソワーズ。

 

バナナ、フルーツサラダ。

 

ソーセージと野菜焼き

 

オムレツ(あとで補充されましたw)

 

焼きとうもろこし

 

エッグベネディクト(後から補充されました)、目玉焼き

 

ベーコン

 

オニオングラタンスープ

 

チーズソース。ソーセージと野菜焼きやオムレツにお好みで掛けます。

 

和食系です。左から肉豆腐、ベニシャケ+厚焼き卵、ブリ照り焼き+厚焼き卵。

 

左から、たらこ、松前漬け、いか塩辛、さんま甘露煮、夏野菜と昆布の和物、小松菜と揚げの煮物。

 

左から、きんぴらごぼう、温泉玉子、寄せ豆腐(後から補充されました)

 

お漬物、梅干し、納豆、生卵、海苔。

 

いか刺身、筋子。

 

コーンスープ

 

しじみの味噌汁と白米。

 

パンは、マフィン、スコーン、ディニッシュ系がありました。

 

ワッフルです。ブルーベリージャム、いちごジャム、チョコソースがあります。

 

なんと朝食にソフトクリームがあります。ソフトクリーム大好きなのでうれしいです。

ワッフルにかけて食べても美味しいですよね。

 

ベリーのジュレシャーベット、抹茶味の雪見だいふく。

グレープフルーツジュレ、仁木町さくらんぼ&パイナップル、さくらんぼ&オレンジ、オレンジジュレ。

 

森のプリン、青リンゴジュレ。

 

オーガニック ショコラの盛り合わせ。

 

牛乳、トマトジュース、オレンジジュース、水です。

 

コーヒー、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソです。

 

紅茶、日本茶もありました。

 

朝食のみのご紹介ですが、種類がたくさんあって楽しめますね。

 

 

6.その他:日帰りプランもある

上でご紹介したビュッフェなどを日帰りで楽しめるプランもあります。

  • ランチビュッフェ
    • + 日帰り入浴
    • + アクティビティ
  • グループランチ(20名以上のグループで和食弁当)
    • + 日帰り入浴
  • ディナービュッフェ
    • + 日帰り入浴
  • 日帰りエステ
    • + 日帰り入浴

 

詳しくは、公式ページの日帰りプランをご確認ください。

 

7.まとめ

森の謌は、札幌から40分、新千歳空港から1時間20分の定山渓温泉にあり、温泉とビュッフェが楽しめる宿です。

冬は雪景色の中で温泉につかることもできます。ぜひ1度訪れてみてください。

 

<<<楽天トラベルで 定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌 を探してみる>>>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です