【宿泊記】宮古島東急ホテル&リゾート:与那覇前浜ビーチとビュッフェを満喫

夏休みを利用して、宮古島東急ホテル&リゾートに宿泊して、透き通った海を満喫してきました。

家族連れで宮古島に旅行を計画している方の参考にして頂ければと思います。

 

<<< 楽天トラベルで 宮古島東急ホテル&リゾーツ を探してみる >>>

 

宮古島は海がキレイ!という評判でしたので、一度は子供をつれてシュノーケリングをしてみたいと思っていました。

 

新千歳から宮古島までの飛行ルートは、新千歳⇄那覇⇄宮古 を選びました。

 

ANAの場合は、新千歳⇄羽田⇄宮古 という別のルートがあるのですが、

・新千歳⇄那覇 で一気に距離を稼ぎたかった

・ANA特典航空券で、新千歳⇄那覇 を取りたかった

という理由で、新千歳⇄那覇⇄宮古 のルートにしました。

 

しかし残念ながら、新千歳⇄那覇 はANA特典航空券の争奪戦に負け特典航空券は取れませんでした(泣)。

そのため、マイルをSKYコインに交換し費用の一部にあてて、新千歳⇄那覇の航空券を購入しました。

 

那覇⇄宮古 の部分はJALも運行していたので、JAL特典航空券を取りました。JALは特典航空券が取りやすいので助かります。

 

 

1.宮古島東急ホテル&リゾートに決めた理由

宮古島にはいろいろなリゾートホテルがあり、毎年、新しいホテルもオープンしています。

そのような中で、宮古島東急ホテル&リゾートに決めた理由は5つあります。

  1. 東洋一とも言われる与那覇前浜というキレイでサラサラの砂のビーチに面しており、すぐ海に行けること
  2. 大きめで深さにバリエーションのあるプールがあり、子供も楽しめる(水深10cm、40cm、70cm、110cm、110〜140cm)
  3. ホテル内に複数レストランがある
  4. ホテル内にコンビニがある
  5. 市街地の平良(ひらら)から遠くないこと

という5つの理由です。

 

子供たちは海も好きなのですが、プールも大好きなので、ビーチとプールが必須です。

海に入った後、(水シャワーを浴びてから)プールに入れば塩抜き&砂抜きができるので一石二鳥です。

宮古島東急ホテル&リゾートは、プールのWebサイトもきちんとしていて、子供に安心なプールという感じがしました。

また、子供たちがヘトヘトに疲れるまで遊ぶので、ホテル内にレストランやコンビニがあると便利です。

例えば、昼食はコンビニで軽く済ませ、夕食はホテル内のレストランで食べる、といった選択ができます。

ですので、日中、子供たちと遊ぶことに集中できますよね。

 

上記の5つの条件が揃ったホテルは、東急の他に、シギラセブンマイルズリゾートもありました。

しかし、次のような理由でやめました。

  • シギラにはホテルが複数あり、レストランが点在しているため、宿泊ホテル以外のレストランはアクセスがあまりよくない
  • 徒歩だと遠いレストランがある。移動用カートはあるけれど、高級ホテル以外はカートが有料
  • ビーチが遠いホテルがある
  • Webサイトが分かりづらい:そのホテルにプールがあるのか、ビーチが近いのか、近隣のレストランはどこか、カート移動が必要なのかなどがWebサイトでは分かりづらく、ホテルが選びづらい

このような理由から、今回シギラは見送りました。

そんなわけで、宮古島東急ホテル&リゾートを選びましたが、結果としては正解でした。

 

島内の移動はレンタカーをMRCレンタカーでトヨタアクアを借りました。

1日約5,000円で保険フルカバーで燃費も良くお得にレンタルできました。

MRCレンタカーの受付では、ちんすこうと、お店のインスタをフォローして、ミニシーサーのお土産もいただきました。

優しく丁寧なお兄さんとお姉さんでした。

 

2.宮古島東急ホテルの部屋タイプ・宿泊した部屋

公式ページより引用 デラックスコーナーツイン

 

宮古島東急ホテルの宿泊棟は、オーシャンウィング(本館)と、コーラルウィング(新館)の2つの建物に分かれています。

部屋のタイプは下記のようになっています。

 

  • オーシャンウィング(本館)
    • ファミリー洋室 1階 20ルーム(ガーデンビュー):4ベッド
    • 和洋室 2階 20ルーム
    • スタンダードツイン 3−5階 84部屋
    • デラックスツインルーム 6階 21部屋
    • デラックスコーナーツイン 6回 1部屋
  • コーラルウィング(新館)
    • スーペリアツイン(ファミリールーム) 3−4階 22部屋 (オーシャンビュー)4ベッド ← ★こちらに宿泊
    • プレミアツイン ワイドビュールーム 5-7階 24部屋
    • プレミアツイン ビューバスルーム 4-7階 24部屋
    • グランドツイン ワイドビュールーム 8-9階 16部屋
    • グランドツイン ビューバスルーム 8-9階 10部屋
    • コーラルスイートルーム 9階 1部屋

 

この中で家族4人が4ベッドで寝られるのは、オーシャンウィング(本館)の「ファミリー洋室」とコーラルウィング(新館)の「スーペリアツイン」の2種類のみです。(ゆっくり寝たいので4ベッドです)

 

今回は、部屋から海が見たかったので、オーシャンビューのスーペリアツインを選びました。

 

ちなみにスーペリアツインは必ずオーシャンビューだと思います。

 

2.1.宿泊した部屋:スーペリアツイン/ワイドビュールーム

公式ページより引用 スーペリアツイン・ワイドビュールーム

上の写真はツインの状態ですが、こちらにエキストラベッドを1つ追加し、ソファーをベッドにすることで4ベッドになります。

※3人目:エキストラベッド 100 × 195cm

※4人目:エキストラベッド 120 × 177cm(ソファーベッド)

ベッドを追加したお部屋は、上の写真のようになります。

エキストラベッドが追加されても、部屋の空間には余裕があり、くつろぐことができました。

部屋の奥にはバルコニーがあり宮古島の海が見えます。

 

別の角度からの写真です。エキストラベッド(3人目用)は、長さはあまりないですが幅があるので快適に眠れました。

2.2.部屋の様子

公式ページより引用

ベッドと反対側にはTVとテーブルとスーツケース置き場があります。

下部に冷蔵庫、コップが収納されており、左手のスーツケース置き場の下はタンスの引き出しになっています。

コンパクトながらも使い勝手の良いレイアウトになっています。

 

毎日、500mlペットボトルのミネラルウォーターが人数分補充されました。冷蔵庫で冷やしてビーチに持参しました。

 

写真には入っていませんが、湯沸かしポットやコーヒーサーバーもありました。

 

 

公式ページより引用

エントランス側には、洗面所、トイレ、バスルーム、そして右手はクローゼットと、クローゼット内に金庫があります。

 

加湿器&空気清浄機もあります。

 

加湿器&空気清浄機の操作パネルです。

 

2.3.洗面所・バスルーム・トイレの様子

公式ページより引用

洗面所です。目の前の鏡はスライド式になっていて開けると部屋と宮古島の海が見えます。素敵w

 

宮古島の水は硬水で泡立ちづらいため、ホテルでは水の軟化処理をしているそうです。

そのため、石鹸であらったあとに水で流してもなんとなくぬるぬるした感じが残ります。

少しヌルヌルが残っていても問題ないそうですが、気になって結構ゴシゴシと流していました。

 

ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーです。宮古島東急ホテルのロゴにも使われている、ハイビスカスの香りのラメール バイ タルゴ ジャポンです。他にない爽やかで華やかな良い香りです。

子供が気に入ったので少し持ち帰らせて頂き、家でも楽しみました。

 

スキンローション、スキンミルク、スキンクレンジングです。

 

バスルームです。浴槽もあります。

子供たちは浴槽に冷たい水を張って、日焼けした体を冷やしました。

 

トイレはウォッシュレット付きです。

 

2.4.バルコニーからの眺め

バルコニーからは、ホテルの庭園とレストランのニライカナイ越しに、与那覇前浜と青い海が見えます。

海の向こうには来間島(くりまじま)が見えます。来間島とは海中道路(橋)でつながっています。

 

パノラマで撮影すると上のような感じです。

 

ベランダには物干しもありました。

 

3.宮古島東急ホテル&リゾートの魅力(前半)

宮古島東急ホテル&リゾートには色々な魅力がありますが、代表的なものを前半にご紹介したいと思います。

 

3.1.全体の地図

GoogleMapを利用した自作の地図を載せておきますのでご参考にしてください。

こうやってみるとコーラルウィング(新館)の方がレストランやコンビニなどへ全体的にアクセスが良いですね。

 

3.2.無料レンタルできるもの

海やプールで意外と困るのが濡れたタオルですよね。

もちろん宮古島東急ホテル&リゾートでは、宿泊者にタオルを貸出してくれます。

 

公式ページより引用 ビーチハウス

 

タオルは上の写真のビーチハウスで貸出してくれます。ビーチハウスはプールの少し海側にあります。

 

タオルはビーチハウスの受付前に山積みになっていますので、セルフサービスで必要な枚数を取りましょう。

宿泊者はリストバンドをチェックイン時にもらえますのでそれを腕につけて借りましょう。

 

タオルは、プールはもちろん海にも持っていってOKです。

 

タオルの返却は、宿泊棟のエレベーター乗り場前など何箇所かありますのでそこにポイッといれます。

 

プールサイドチェア&パラソルも宿泊者は無料です。

 

他に、ビーチハウスでは、子供用の浮き輪、アームヘルパー、ライフジャケットも貸し出ししてくれます。

またビーチでは、砂遊びグッズビーチチェア&パラソルが無料で借りられますので、嬉しいですね。

 

無料貸出については、公式ページ の下の方の「宿泊者無料レンタル」にも記載があります。

 

 

3.3.ビーチ 与那覇前浜

与那覇前浜ビーチへは、ホテルのロビーから3分ぐらいでしょうか。

 

ビーチハウスでタオルを借りて与那覇前浜にいきます。

上の写真のビーチチェアとパラソルが、宿泊者は無料で利用できます。

 

シュノーケルをつければ、白い魚がたくさん見られます。

 

3.3.1.サラサラの砂

与那覇前浜は、真っ白な砂で、サラサラです。

いつもは「砂で足が痛いっ!」と言っている奥さんも、裸足で歩いていました。

そして「きなこみたいでサラサラで気持ちいい〜」と言っていました。

 

ビーチにはライフセーバーの方がいて、ライフセイバーのところに砂遊びグッズが置いてあります。

砂遊びグッズが無料でレンタルできますので、お子様連れの方はどうぞ。

 

初日は台風通過の翌日だったので波が少し高かったですが、その後は波もあまりなく静かな海でした。

遠浅なので、ブイで囲ってある遊泳区域を泳ぐ分にはお子様連れでも安心だと思います。

 

もし、波が高いときには後でご紹介する、新城(あらぐすく)海岸がサンゴ礁の内側で波があまり高くなりにくいのでおすすめです。

 

3.3.2.アクティビティ

海のアクティビティ(有料)としては、

  • バナナボート
  • トーイングチューブ(座るバナナボートのようなもの)
  • SUP(スタンドアップパドルボート)
  • ペダルサップ(SUPの自転車版のようなもの)
  • カヤック
  • ペダルボート
  • グラスボート(底が一部透明で海中が見られるボート)
  • サンセットクルージング

などがあります。

 

陸上のアクティビティ(有料)としては、

  • テニス
  • フットサル
  • パークゴルフ
  • パターゴルフ

があります。

 

宿泊者には割引があるそうです。

アクティビティについて詳しくは、公式ページをご覧ください。

 

※2020年8月現在コロナの影響でマリンジェット、モーターボートクルージング、ウェイクボード、水上スキーは中止しています。

 

3.4.プール

宮古島東急ホテル&リゾートにはプールが2つあります。幼児用の浅いプールと、深いプールです。

 

上の写真の手前の、ひょうたん形のプールが幼児用のプールです。

子供用プールは、深さが右半分と左半分に分かれています。

右半分は、水深40cmとかなり浅く小さなお子様でも安心の深さです。

左半分は階段状になっていて、段々と70cmの深さまで深くなっていきます。

 

深い方のプールは上の写真の奥にあります。

 

深い方のプールは、110cm〜140cmの深さがあります。

上の写真だと、左側は110cmの深さで、中央から奥へとだんだんと深くなり、140cmまで深くなります。

 

公式ページより引用

深さはプールの床の色で色分けされています。

水色のところが110cmの深さで、青〜紺色が110cm〜140cmまでだんだん深くなっていく部分になっています。上の公式ページの写真だと一番下の青色のところから下側に深くなります。

このプールは8割ぐらいは110cmの深さなので、小学生の中学年ぐらいならこちらで遊べると思います。

 

3.5.満天の星空:スターダストバルコニー・与那覇前浜

宮古島で見たかったものの1つに満天の星空があります。

天の川、ペルセウス座流星群などを与那覇前浜のビーチから見ることができました。

 

宮古島東急ホテル&リゾートの屋上には、スターダストバルコニーという星空を観測する場所があります。

コーラルウィング、オーシャンウィングのそれぞれの屋上にあり、エレベーターで最上階まで移動し、そこから階段で屋上にのぼります。

デッキチェアーがおいてあり、寝そべりながら星空を眺めることができます。

そちらからも天の川や流星群を眺めることができました。

 

私はもっと沢山の星が見たかったので、ホテル前の与那覇前浜のビーチに移動して星を眺めました。

ちょうど昼に利用したビーチチェアが砂浜にあったのでそこに寝そべりながら流星を見つけることができました。

 

ビーチには、大きなヤドカリがいました。

 

3.6.レストラン

宮古島東急ホテル&リゾートには、レストラン3軒とバー1軒の合計4軒あります。

ネットから予約できるので、予定が決まっている場合は予約した方が良いと思います。

キャンセル代はかからないので、もし行けなくなった場合はキャンセルすれば良いでしょう。

3.6.1.やえびし

公式ページより引用

やえびしは、コーラルウィングの1階にあり、内部で和風ダイニング、寿司、鉄板焼きの3つに分かれています。

 

夕食で1回利用しました。

 

やえびしのキッズプレート

和風ダイニングにはキッズプレートがありますので、和風ダイニング、寿司、鉄板焼きの3つの中で迷ったら和風ダイニングで良いと思います。

 

アラカルトで、ジーマミ豆腐、もずく酢、アロエポン酢を頼みました。

 

豆腐チャンプルーです。

 

もずくとアーサーの天ぷらです。

 

ソーキの唐揚げです。見た目は美味しそうなのですが、脂っこくて食べきれませんでした。

他にも、寿司の盛り合わせなど沖縄料理を堪能するなら夜のやえびしがお勧めです。

 

 

 

3.6.2.ニライカナイ

ニライカナイはオールデイダイニングで、朝と夕はバイキングです。

ランチも営業しておりテラス席は水着でも可能です。

 

わたしたちは朝食&夕食でたくさん利用しました。

 

朝食付きの場合は、やえびしとニライカナイのどちらかを選ぶことになると思いますが、ニライカナイをお勧めします。

料理や飲み物の数も豊富ですし、バイキングなので好きなものを好きなだけ食べられます。

 

朝食付きプランだったのですが、毎日、朝食をニライカナイで食べました。

コロナ対策で料理を取りに行く時は、マスク着用で、配布されたビニール手袋をしました。子供用の小さい手袋も用意してくださっていました。

 

 

子供が取ってきた朝食 手作りオムレツがお気に入りでした

 

マンゴジュースやその場でオーダーして作ってくださる具材が選べるオムレツ(ハム・チーズ・ねぎなど)が美味しかったです。

 

フレンチトーストやパイナップルも美味しかったです

 

和食も洋食もありました。チャンプルー好きなので朝食からあって嬉しかったです。料理は日替わりなので飽きずに食べることができました。

 

壁面に大きなLEDディスプレイが2台あり、サンゴ礁の海の映像が流れており、ご飯を食べながら熱帯魚を見るもの楽しかったです。

 

また食後に、部屋に持ち帰る用のコーヒーがあったのも嬉しかったです。

 

次にニライカナイの夕食バイキングをご紹介します。

 

子供の夕食バイキング。ポテト、エビフライ、ナゲットなど。デザートにソフトクリームもあり、大変美味しかったです。

 

子供が取ってきた夕食。黄色い夕食ですねwバイキングなので子供も好きなものを食べて楽しかったようです。

 

わたがしを作ってもらえるサービスもあり、子供達は楽しそうでした。

 

夕食バイキング

わたし料理を取りすぎですねw。

夕食は、寿司からステーキ、もずく、ミミガー、ラフテーなどバリエーションに富んだ夕食でした。デザートもケーキからソフトクリームまで堪能できます。

特に目の前で握っていただけるお寿司や、目の前で焼いてくれるステーキやローストビーフが大変美味しかったです。

 

3.6.3.マイパマ

公式ページより引用

マイパマは、オープンエアーのBBQレストランです。自分で食材を焼きながら食べます。屋外で暑そうなのでやめましたw。

BBQセットで、宮古島の豚、伊勢海老、沖縄県の鶏肉などが食べられます。

晴れた日には、沈む夕日を眺めながら、BBQを楽しめます。

 

3.6.4.バー・ムーンシェル

公式ページより引用

バー・ムーンシェルは、ニライカナイの隣にあります。

ランチタイムも営業しており、ランチタイムには子供も入れます。

ランチは、ニライカナイと同じメニューが食べられ、お子様メニューもあります。

 

3.7.どかーんと沈む夕日

天気の良い日には、海に太陽が沈んでいく様子が見られます。この時は飛行機も飛んでいました。

 

太陽がジュッと海に浸かる音が聞こえてきそうです。

 

 

4.宮古島東急ホテル&リゾートの魅力(後半)

エントランス付近に飾ってある花

 

後半は、宮古島東急ホテル&リゾートの施設を中心に魅力をご紹介したいと思います。

 

4.1.コンビニエンスストア「ヴィッテ」

公式ページより引用

コンビニは、コーラルウィング側のB1Fにあります。

 

パン、おにぎり、カップ麺、お菓子、お酒を買うことができます。

 

わたしたちは、ランチはコンビニのパンやおにぎりを食べました。

電子レンジがあるので、セルフでおにぎり温められます。

 

ビーチサンダルは、お土産ショップよりも、こちらのコンビニの方が安いです。

 

4.2.無料の水着の脱水機

海やプールで濡れた水着をそのまま干してもなかなか乾きませんよね。

一手間かけて脱水してから干せば数時間後には水着が乾きますのでおすすめです。

 

宮古島東急ホテル&リゾートには無料の水着用の脱水機があるので便利です。

 

水着の脱水機はB1Fのコインランドリーの近くの廊下にポツンと置いてあります。(左手前)

 

銀色のフタを開けて水着を入れて、右上の赤い丸いボタンを押して動かします。

 

この銀色のフタを開けます。

 

 

フタを開けたところです。

中に水着を入れます。中フタがないので入れすぎないようにしましょう。

また、紐やチャックなどは回転時にひっかかる可能性があるので底(下)の方に入れましょう。

 

説明書きです。年季入っていますねw。

 

円で囲った中の赤色のボタンを20秒ぐらい押しつづけると、その間脱水します。

ボタンを離して回転が止まったらフタをあけて水着を取り出します。

 

これを水着の枚数分やります。あとはベランダの物干しなどに干せばすぐ乾きます。

 

4.3.コインランドリー

コインランドリーは、コンビニとおなじB1Fにあります。

 

洗濯機が16台。乾燥機が16台あります。下部が洗濯機、上部が乾燥機になっています。

 

洗濯機は1回 200円です。

フタを開けて洗濯物と洗剤&柔軟剤をいれてから料金を入れます。

洗濯が始まると残り時間が表示されます。だいたい30〜40分ぐらいだったと思います。

 

洗剤&柔軟剤は、上の写真のように、ランドリー内部に置いてありますので、(無料です)1回の洗濯で1個いただいて使いましょう。

1個の中に洗剤と柔軟剤が混ざって入っているタイプです。

 

乾燥機は、30分100円です。

200円入れると60分間動きます。途中で開けて乾燥具合をみることもできます。

 

乾燥時間の目安です。60分やれば大体のものは乾くと思います。

乾燥不足の場合は、乾いている洗濯物を取り出し、追加で乾燥しましょう。

 

4.4.お土産ショップ:プルメリア・南々風

お土産ショップは1Fに2つあります。

1つは熱帯魚の水槽が店内にあるプルメリア。2つ目は、宮古特選館の南々風(ななかぜ)です。

2つのお店は内部でつながっているので、どちらから入っても良いです。

 

子供は、カメのぬいぐるみを買いました。

ちんすこうなどのお菓子のおみやげ、水着、洋服などいろいろ売っています。

 

4.5.リラクゼーション:THE ISLAND SPA ゆるりあ

島ならではの雪塩や月桃(サニン)を使ったリラクゼーションを提供してくれます。

 

 

4.6.三線、エイサー太鼓

レストラン やえびし、ニライカナイ で三線の生演奏がありました。

 

屋外の広場では、歌やサックスの生演奏などもありました。

 

4.7.お子様向けイベント

敷地内の植物を探したりといったスタンプラリーのようなイベントがありました。

クリアした数でお菓子やおもちゃを大量に貰えてビックリしました。

 

4.8.レジャーカウンター

公式ページより引用

レジャーカウンターは、フロントの後ろにあり、現地で何かしたいなと思った時に相談できます。

1組限定の貸し切りシュノーケルツアーや、手ぶらで参加できるフィッシングツアーもあります。

詳しくは公式ページのオプショナルツアーをご覧ください。

 

 

 

5.ホテル周辺の宮古島おすすめスポットなど

東平安名崎

宮古島はレンタカーがあれば、どこでも片道30分程度で行くことができます。

来間島、池間島、伊良部島、下地島の離島とも全て橋でつながっているので観光も便利です。

 

 

5.1.新城海岸(あらぐすく かいがん)

この坂を下ると駐車場があります

おすすめスポットのトップは、新城海岸です。

シュノーケリングで手軽に、サンゴ礁と熱帯魚を間近に見ることができます。

 

吉野海岸も良いそうなのですが、駐車場がビーチから少し遠く(無料送迎あり)、吉野海岸は駐車場が有料だったので、今回は駐車場が無料の新城海岸にしました。

 

遠浅でサンゴ礁の内側なので波も穏やかでお子様連れにも安心です。

 

海に向かって右手がサンゴ礁があり魚がたくさんいます。左手の砂地の所は運が良ければ海ガメが見られるそうです。

海ガメは30分ぐらい探しましたが見られませんでした。

魚の餌付けは禁止です。これは個人的に賛成です。

 

新城海岸は、沖縄県の条例に基づく海水浴場ではないのでライフセーバーはいません。

比較的、波や海流が穏やかな海岸ですが、水難事故は自己責任ですので、お子様からは目を離さないようにしましょう。

 

ちなみに、宮古島はライフセーバーがいる海は、与那覇前浜の宮古島東急ホテル&リゾート前の部分と、シギラビーチの2つしかありません。

 

わたしたちが行った時は、レンタルのパラソル500円(テーブル+椅子2脚程度)、または1000円(テーブル2つ+椅子4脚ぐらい)と言われて1000円の大きい方を借りました。家族連れには大きい方が余裕があってよかったです。

レンタルは、みよし屋というところがやっています。

 

Webサイトを見てみると、私が言われた価格の倍ですね。コロナの影響で観光客が少ないのでお安くしていたのかもしれません。

 

みよし屋では軽食も売ってくれているので手ぶらでも可能です。

わたしたちは、おにぎりと飲み物をホテル近くのコンビニで調達してからいきました。新城海岸付近にはコンビニはありません。

 

折りたたみの簡易クーラーボックスがあると冷えた飲み物が飲みやすいので役立ちます。

 

Amazonとかで売っている10Lぐらいのクーラーバッグだと、飲み物500mlペットを4本 + おにぎりを入れても余裕があります。旅行のスーツケースに入れる時も、かさばりすぎないので重宝しています。

 

上の写真のようにお魚さんが自由に泳いでいます。

 

餌付けは禁止なので、魚が人に寄ってくることはなく、自然な感じでのびのびと暮らしている様子がわかります。

 

新城海岸は綺麗なトイレがあります。

ホースを使った水シャワーは無料です。他に100円のコインシャワーもあります。

 

5.2.パラセーリング 空人(そらびと)

与那覇前浜のパラセーリング(たぶんブルーホヌ開催)

連日の海遊びで子供たちも疲れてきたので観光がてらパラセーリングに挑戦しました。

宮古島のパラセーリングの会社は、空人(そらびと)ブルーホヌの2つが有名です。

どちらも、じゃらんやベルトラ経由ではなく、直接予約した方が安いです。

 

空人はWebが充実していて親切で分かりやすいです。

  • 1人乗り8,000円
  • 2人〜4人乗り7,000円/人 合計160kg以内
  • 年齢3歳以上で身長90㎝以上
  • 集合場所は、トゥリバーマリーナ

 

ブルーホヌは、

  • 1人乗り9,000円
  • 2人乗り7,000円/人
  • 直接、集合場所(与那覇前浜の突堤)に行けば1,000円/人引き
  • 年齢12歳以上で身長が120cm以上
  • 集合場所は、与那覇前浜の突堤

となっています。

 

今回は、3歳からでもOKの空人でパラセーリングを体験することにしました。予約はWebからしました。希望の朝一の時間はいっぱいとの返信があり、お昼ごろに変更しました。

 

当日はトゥリバーマリーナに集合し、受付のお姉さんに名前を伝えます。会計は下船後でした。

 

8名のお客さんがいましたが密にならないように離れて乗船させてくださいました。

係のお兄さんは3名いて、役割分担がされていて安心感がありました。

 

船に乗り沖に出てハーネスを装着します。離陸、着陸のやり方について簡単な説明があり、グループごとに乗ります。ブランコにのっているような感じです。

人数にもよりますが、1時間ぐらい直射日光にあたることになりますので、帽子と水は持っていった方が良いでしょう。

 

2015年に開通した、伊良部大橋が左手にみえます。無料で渡れる日本一長い橋だそうです。

携帯は防水ケースなどにいれて首からぶら下げればセーリング中も撮影できます。GoProのレンタル(有料)もあります。

 

子供も最初はちょっと怖がっていましたが、椅子に座っているような感じなので、だんだん慣れてきてピースする余裕も出てきました。

伊良部大橋をバックに写真を撮りました。

降りた後も「面白かったー」と言ってくれたのでよかったです。

 

今回乗船した、トゥリバーマリーナには、2023年ごろにヒルトン沖縄宮古島リゾートができるそうなのでこちらも楽しみです。

 

5.3.ユートピアファーム宮古島

小腹が空いたので3時のおやつにユートピアファーム宮古島にキーツマンゴーを食べに行きました。

キーツマンゴーは、普通のマンゴーの約2倍の大きさの希少なマンゴーです。

 

ショーケースから好みのマンゴーを選ぶとお姉様がカットきてお皿にのせて出してくれます。1個1,900円〜2,500円ぐらいまでありました。

 

でっ、でかい!

テンションあがります。

あまくてジューシーで濃厚なマンゴーのお味が最高でした!

4人で1個食べました。この後アイスをたべたのですが、アイスはやめて、キーツマンゴー2個食べても良かったかも。

 

雨でも大丈夫な屋根付きのお庭で食べられます。冷房は効いていないので暑い時は店内で食べましょう。

 

仕上げにマンゴーアイスも食べました。こちらは自然な甘みでサッパリしていました。

 

マンゴー園、フラワー園、フルーツ園を見学もできるそうです。1人360円(中学生以下は無料)です。

 

 

5.4.平良のバーガーショップ

旅行に行くとワイルドなハンバーガーがなんとなく食べたくなるんです。

今回、2回ハンバーガーをテイクアウトして食べましたのでご紹介します。

 

5.4.1.K’S PIT DINER (ケーズピットダイナー)

K’s PIT DINERはアメリカンなハンバーガーを提供するお店で、平良の市街地にあります。

駐車場はないそうなので、店舗横に仮に駐車して注文し、15分後に受取りに戻りました。

2020年8月の時点ではテイクアウトのみでしたが、9月から席数を減らしてイートイン再開したそうです。

 

メニューですが、

  • ビーフパティ +300円でソフトドリンクとポテトハーフサイズのセット
    • プレーンバーガー 500円
    • チーズバーガー 600円
    • ベーコンチーズバーガー 700円
    • アボカドバーガー 800円
    • ベーコンチーズサルサバーガー 800円
    • スパイチーバーガー 600円
    • 100%宮古牛バーガー 1,000円
    • BBQチーズバーガー 650円
  • シャーク(サメ)パティ +300円でソフトドリンクとポテトハーフサイズのセット
    • シャークバーガー 600円(金曜日は500円)
  • サイドメニュー
    • フライドポテト 350円
    • スパイシーポテト 400円
    • チキンスティック 700円
    • シャーク&チップス 750円
    • ケーズピットサラダ 700円
    • オリジナルディップ(ポテトにつけると美味しい)150円
    • アボカドキャデラック 750円
    • ぶっとび鶏皮 350円
    • クラムチャウダー 400円

となっています。

 

今回は、チーズバーガー、ベーコンチーズバーガー、スパイチーバーガー、BBQチーズバーガーとフライドポテト、スパイシーポテトを頼みました。期待通りアメリカンなハンバーガーで美味しかったです。

 

写真はすみません撮り忘れました。食べログのページの写真を参考にしてください。

 

営業時間内でも、突然お休みや完売になったりしますので、営業しているかどうかは K’s PIT DINER 公式 Facebookページをご確認ください。

 

5.4.2.A&W (エーアンドダブリュー = エンダー)

公式ページより引用

沖縄県民御用達のハンバーガー店 A&W。県民は、エンダーと呼ぶそうです。

宮古島には2店舗あります。1つは宮古空港に、もう1つは平良(ひらら)市街地にあります。

ドライブスルーあり。2020年8月の時点ではテイクアウトのみでしたが、現在は宮古下里通り店はイートインが復活しています。宮古空港店は10時からの営業でテイクアウトのみです。

 

ホットメルティ、メルティダブル、ビッガーチーズバーガー、チーズバーガー、スーパープーティン(ポテトにチーズがかかったもの)、カーリーフライ(味付きのクルクルしたポテト)を頼みました。

ビッガーチーズバーガーや、カーリーフライが特に美味しかったです。

 

6.まとめ

今回、コロナの影響で外食ができない状況でしたが、宮古島東急ホテル&リゾートのおかげで楽しい宮古島旅行をすることができました。

宮古島東急ホテル&リゾートの魅力は、

  1. 東洋一ともいわれる与那覇前浜のビーチに面しており、すぐ海に行ける
  2. 大きめで深さにバリエーションがあり子供が楽しめるプールがある
  3. ホテル内に複数レストランがある
  4. ホテル内にコンビニがある
  5. 市街地の平良(ひらら)にほどよく近いこと

でした。

以前に石垣島に行ったことがあるのですが、海の透明度やサンゴ礁の海で熱帯魚を見るなら宮古島の方がおすすめです。

また、キレイな海の宮古島に行きたいなー。

 

 

<<< 楽天トラベルで 宮古島東急ホテル&リゾーツ を探してみる >>>

 

 

I Prefer Hotel Rewardsに無料登録して、会員サイトから宮古島東急ホテル&リゾートを予約すれば、客室のアップグレードや優先レイトチェックアウトなどの特典が受けられます。アップグレードは当日の空室状況によります。

ダイナースプレミアムカード会員は、I Prefer Hotel Rewardsのエリートステータス会員に入会できますので、ダイナースプレミアムカード会員専用サイト経由で入会しましょう。

 

JAL特典航空券むけのマイルを貯めるために活用しています ↓

【通常39,000→93,480ポイントゲット】 SPGアメックスは飛行機&ホテルが “無料” で旅行できる一石二鳥の魔法のカード!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です