【マイルため方:レベル1】電気・ガス・水道代でマイルをためよう

「マイルって貯まらないなぁ」

「マイルを貯めている人は、かなり飛行機に乗ってるんだろうなぁ」

と、私も昔はそう思っていました。

 

でも、飛行機に乗らなくても、ちょっとしたコツでマイルは貯められるんです。

JALマイルとANAマイルの共通の貯め方をご紹介します。

 

【レベル1】電気・ガス・水道代でマイルをためよう

毎月かかる電気やガスや水道料金をクレジットカードで支払うことでポイントをためます。

そして、クレジットカードのポイントをマイルに交換します。まずはポイントをためましょう。

 

まずは、公共料金の支払いをクレジットカード払いに変更しましょう。口座引落だと1ポイントもたまりません。

クレジットカードによって、公共料金の支払いで貯まるポイントが0.5%〜1.0%と異なってきます。

 

通常はポイント1%でも公共料金だと0.5%のカードもあります。お持ちのカードのポイント還元率を確認してみましょう。

また、還元率は時々変更されますので最新情報もチェックしておきましょう。

 

あっちゃん

3,000円ぐらいをカードで払っても全然ポイントたまらないんじゃないの?
1件ずつは貯まるポイントは少なくても ー チリも積もれば山となる ー 名付けて「チリツモ作戦」だよ。毎月かかる費用がいろいろ合わせて合計で5万円かかったとしたら1%で500ポイント毎月たまるから1年だと6,000ポイントたまるよ。

SASA

あっちゃん

コツコツためると意外とたまるもんだね!

 

1.電気代でマイルをためる

まだ、電気代をクレジット払いにしていない場合は、まずクレジットカード払いにしましょう

どのカードで払うべきかは、利用している電力会社によって違います。

 

1.1.東京電力・関西電力など大手電力会社の場合

ポイント還元率の基本を1%とすると、

です。

既にカード払いにしている場合は還元率を再確認してみてください。

 

1.2.新電力の場合

基本1%として、どのカードも同じ1%です。

アメックス、ダイナースで払いたい場合は新電力会社を検討してみるのも手ですね。

 

1.3.ENEOS電気の場合

基本1%として、ANAカードでの支払いで、+0.5%プラスで1.5%になります。

2019年11月現在、ENEOS電気は関東、関西、中部で電気を提供しています。詳細は、こちらをご覧ください。

 

2.ガス代でマイルをためる

まだ、ガス代をクレジットカード払いにしていない場合は、まずクレジット払いにしましょう

どのカードで払うべきかは、利用しているガス会社によって違います。

 

2.1.東京ガス・大阪ガスなど大手都市ガス会社の場合

ポイント還元率の基本を1%とすると、

です。

既にカード払いにしている場合は還元率を再確認してみてください。

 

2.2.新都市ガス会社の場合

基本1%として、どのカードも同じ1%です。

アメックス、ダイナースで払いたい場合は新都市ガスを検討してみるのも手ですね。

 

2.3.ENEOS都市ガスの場合

ENEOS都市ガスの場合、ANAカードでの支払いで、+0.5%追加になります。2019年11月現在、ENEOS都市ガスは「東京地区等」で都市ガスを提供しています。詳細は、こちらをご覧ください。

 

3.水道代でマイルをためる

水道料金は口座振替だと1ヵ月あたり50円の口座割引が適用される水道会社もありますが、マイルをためるならカード払いにしましょう。

ポイント還元率の基本を1%とすると、

です。

既にカード払いにしている場合は還元率を再確認してみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です