【マイルの価値】JALマイルやANAマイルをためる意味はあるの?

あっちゃん

マイルをためている人って結構いるけど、マイルにする意味ってあるのかな?
そうだね。1ポイント1円で使ったほうがお得だっていう人もいるよね。

SASA

あっちゃん

そうなんだ。マイルってどれぐらいの価値があるのかな?
そうだね。時期や搭乗クラス次第なんだけど、搭乗券にするのが一番価値が高いよ。実際に1マイルがどれぐらいの価値があるか紹介するね。

SASA

 

この記事では

  • マイルを貯める意味ってあるの?
  • マイルの価値ってどのぐらいなの?

という疑問にお答えしたいと思います。

 

1.JAL国際線のマイルの価値は何円?

 

まず、エコノミークラスの特典航空券を発券した場合のマイルの価値が何円になるかを考えてみたいと思います。

 

1.1.エコノミークラスの航空券の場合

例えば上の画面は、JALのエコノミークラスの夏休み期間の「東京ーホノルル間」の航空券の価格です。

サーチャージを除いて、最安値が

行き 62,500円 + 帰り 75,000円 = 合計137,500円

です。

特典航空券で航空券を予約する場合は、最小で40,000マイルが必要です。

ですので、エコノミーの1マイルの価値は、

137,500円 ÷ 40,000マイル = 3.4円

になります。

ポイントだと1ポイント1円が多いのですが、1マイルは3.4円もの価値があることになります。

 

1.2.クラスJ = プレミアムエコノミーの特典航空券の場合

次はクラスJ = プレミアムエコノミーを見てみましょう。

例えば上の画面は、JALのクラスJの夏休み期間の「東京ーホノルル間」の航空券の価格です。

サーチャージを除いて、最安値が

行き 120,500円 + 帰り 135,000円 = 合計255,500円

です。

特典航空券で航空券を予約する場合は、最小で60,000マイルが必要です。

ですので、クラスJ = プレミアムエコノミーの1マイルの価値は、

255,500円 ÷ 60,000マイル = 4.2円

になります。

エコノミーの場合が3.4円に比べ、クラスJの1マイルは4.2円に価値がアップしました。

 

1.3.ビジネスクラスの特典航空券の場合

次はビジネスクラスで見てみましょう。

例えば上の画面は、JALビジネスクラスの夏休み期間の「東京ーホノルル間」の航空券の価格です。

 

サーチャージを除いて、最安値が

行き 170,000円 + 帰り 200,000円 = 合計370,000円

です。

特典航空券で航空券を予約する場合は、最小で80,000マイルが必要です。

ですので、ビジネスの1マイルの価値は

370,000円 ÷ 80,000マイル = 4.6円

になります。クラスJの4.2円に比べ、ビジネスだと1マイルは4.6円に価値がアップしました。

 

1.4.ファーストクラスの場合

最後にファーストクラスを見てみます。

例えば上の画面は、JALファーストクラスの夏休み期間の「東京ーニューヨーク間」の航空券の価格です。

ホノルルはファーストがないのでニューヨークにしています。

 

サーチャージを除いて、

行き 1,178,000円 + 帰り 1,178,000円 = 合計2,356,000円

です。235万円ってすごい値段ですね。

 

特典航空券で航空券を予約する場合は、最小で140,000マイルが必要です。

ファーストクラスの1マイルの価値は

2,356,000円 ÷ 140,000マイル = 16.8円

にもなります。

ファーストクラスだと1マイルの価値が16.8円になります。なかなかすごいですね。

 

JAL国際線で利用した場合マイルの価値をまとめると

国際線 航空券の価格 必要マイル数 マイルの価値
エコノミー(ホノルル往復) 137,500円 40,000 3.4円
クラスJ(ホノルル往復) 255,000円 60,000 4.2円
ビジネス(ホノルル往復) 370,000円 80,000 4.6円
ファースト(NY往復) 2,356,000円 140,000 16.8円

となります。

エコノミークラスでも十分価値があります。これだけの価値に交換できるならマイルを貯める意味がありますね。

もし、マイルでファーストクラスの搭乗券をゲットしたならとってもお得な気分になりますね♪

 

2.JAL国内線のマイルの価値は何円?

 

次に国内線のマイルの価値を見てみたいと思います。

 

上の画面は、JALエコノミーとクラスJの夏休み期間の「東京ー沖縄」の航空券の価格です。

 

エコノミークラスは上の画像の下段の料金になり、

行き 20,910円 + 帰り 21,110円 = 合計42,020円

です。

 

特典航空券で航空券を予約する場合は、往復15,000マイルが必要です。

ですので、エコノミーの1マイルの価値は

42,020円 ÷ 15,000マイル = 2.8円

になります。

 

クラスJは上の画像の上段の料金になり、

行き 26,210円 + 帰り 30,610円 = 合計56,820円

です。

特典航空券で航空券を予約する場合は、往復19,000マイルが必要です。

ですので、クラスJ = プレミアムエコノミーの1マイルの価値は

56,820円 ÷ 19,000マイル = 3円

になります。

 

国内線で利用した場合マイルの価値をまとめると

国内線 航空券の価格 必要マイル数 マイルの価値
エコノミー(東京-沖縄往復) 42,020円 15,000 2.8円
クラスJ(東京-沖縄往復) 56,820円 19,000 3円

となります。

ポイントだと1ポイント1円の交換がほとんどですが、1マイルは2.8円〜3円の価値があることになります。

エコノミークラスでも十分価値があります。これだけの価値に交換できるならマイルを貯める意味がありますね。

 

3.ANA国際線・国内線のマイルの価値は何円?

ANAの方もみてみます。

JALと同一日程の航空券で確認しました。

 

まずは国際線から、

国際線 航空券の価格 必要マイル数 マイルの価値
エコノミー(ホノルル往復) 191,380円 43,000 4.5円
プレミアムエコノミー(ホノルル往復) 237,880円 61,000 3.9円
ビジネス(ホノルル往復) 373,380円 68,000 5.5円
ファースト(NY往復) 2,402,830円 165,000 14.5円

必要マイル数はハイシーズンになるため多くなっています。

ANAの場合はビジネスで必要なマイル数がJALより少ないのでマイルの価値がその分上がっています。

必要なマイル数が少ないのがANAビジネスクラス特典航空券が人気の理由なのかもしれません。

逆にファーストクラスではANAの方が必要マイル数が多いため価値は少しですが下がっています。それでも十分な価値があると言えるでしょう。

 

では次に国内線を見てみます。

国内線 航空券の価格 必要マイル数 マイルの価値
エコノミー(東京-沖縄往復) 39,820円 16,000 2.5円

となります。ANAは国内線はプレミアムエコノミーに交換できません。

 

ポイントだと1ポイント1円の交換がほとんどですが、1マイルは2.5円の価値があることになります。

これぐらいの価値に交換できるならマイルを貯める意味があるといえますね。

逆に東京⇄大阪のJRと競争が強い区間だとマイルの価値は減りますのである程度価値のある区間で交換するのが良いと思います。

 

まとめ

おおむね 1ポイント → 0.5〜1マイル以上 に交換できますので、マイルの価値が2円以上なら価値がアップすると思います。

一番価値が高いのは国際線ファーストクラスの14.5円や16.8円で、次にビジネスクラスの4.6円や5.5円です。

エコノミーやプレミアムエコノミーでも2.5円以上の価値がありますので、1ポイントを1円で利用するよりも十分価値があるのではないでしょうか。

何より飛行機代が無料で旅行にいけるのって、旅費が結構浮いて満足度が高くなりませんか?!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です